弁護士

法律に関する情報は法務省サイトへ

弁護士
弁護士になるには、司法試験に合格しないといけません。更に、司法履修の過程を終了する必要があります。司法試験は日本の国家資格の中でも難易度が非常に高く超難関だとされています。
以前は、さらに難易度が高く「現在の科挙」と言われていたそうです。
ドラマなどで、取り上げられることも多いため、法廷に立っている場面が思い浮かびますが、顧客の対応や書類作成なども多忙な中、同時にこなす必要があります。

正義のヒーローというイメージもあるかもしれませんが、白か黒かをはっきりさせる職業であるということは確かです。そのため、判断力や常識なども要求されるお仕事です。
人の役に立ちたいという想いで弁護士を目指す人もいますが、犯罪者にも必ず弁護士はつけられますので、そういう意味では犯罪者を弁護するという辛い状況になるかもしれません。しかし、社会的に身分の低い人も平等に扱うという点においては、素晴らしいお仕事であると言えるのではないでしょうか。

ページのトップへ戻る